語学留学はデメリットしかない?!お金と時間を浪費する前に知ってほしいリアルなことをご紹介します。

みなさん、こんにちは。

私はITエンジニアをしている傍ら、人事として人を雇ったりもしているのですが(切実に人がいないんです・・・)、近年は本当に留学(語学留学)へ行っている人が多い印象を受けます。

実は私自身大学生時代に、アメリカと中国に一回ずつ短期の語学留学へ行きました。自分自身、語学留学をしたことがあるので言いますが、語学留学はお勧めしません。

お金、時間の無駄?語学留学で得られるもの

正直に語学留学はお勧めしません。旅行と割り切って行くならば構いませんが、それなら色々な観光名所を見て回った方がましな気がします。

今回は少し耳が痛くなるような話ですが、何故語学留学をお勧めしないのか、学業や就職活動など色々な側面からご紹介していきます。

語学留学はデメリットしかない?!お金と時間を浪費する前に知ってほしいリアルなことをご紹介します。

語学留学をお勧めしない理由として、まずは語学そのものの勉強効率の側面からお話します。

英語の勉強効率が良いとは言えない・・・

わんさかいる日本人

冒頭でもお話しましたが、今や有名な都市や観光地の語学学校にはこれでもかと言うぐらい日本人がわんさかいます。

また、語学学校の多くはスピーキングに重きを置いて、クラス分けを行うことが多いので、自然と英語が話せない日本人同士でクラスが形成されます。

日本人だらけのクラスで、一人の外国人講師と一日何時間も英語の勉強を海外でするほど、意味のないことはないでしょう。

他の受講生は全員、非ネイティブスピーカー

幸い日本人があまりいないクラスになっても、それはそれで問題があります。彼らも当然英語を勉強しに来ているため、英語の文法や発音は間違っています。

語学学校では生徒何十人に対して、講師一人という運営をしているので、先生よりも他の国の受講生と英語を話す機会が増えてくるのですが、それ故に間違った英語を覚えてしまう危険性があります。

正しい英語を学びに来ているつもりが、間違った英語を学んでしまっては本末転倒ではないでしょうか。

圧倒されるクラス
私の経験上、多くの外国人は日本人よりもよく話します(そういう文化ですし、そういう教育を受けています)。空気を読む習慣のある日本人はどのクラスでもなかなか話せない人が多く、クラスが終わって見たら一言も話さなかった、なんてこともよくあります。
講師が生徒に慣れすぎている

語学学校の講師に見られがちですが、講師もベテランともなれば日頃の癖なのか、生徒にとって聞きやすいスピードやフレーズを多用してきます。

しかしながら、現実に話されるいる英語はスピードも速くスラングや流行り言葉などが頻繁に使われています。語学学校の中で勉強を完結させてしまうと、実際での会話とのギャップは大きくなってしまいます。

日本語での解説がなくなる

英語などの語学を学ぶ上である一定以上のレベルになるまでは、母国語で学んだ方が圧倒的に効率がいいです。初級の状態で短期留学へ行ってしまうと、説明に説明がいるという負の無限ルートに陥ってしまい、結局何もわからなかったということよく起こります。

私の印象ですが、TOEIC 600点以上は最低ないと、語学留学で少し話せるようになったと実感することは難しいと思います。

このように語学学校へ行く時間とお金があるのであれば、日本で勉強した方が効率よく勉強できます。

英語の具体的な勉強方法

勉強効率以外のデメリットについて

費用が高い

語学学校の費用は安くありません。航空券を含めると一か月で50万円ぐらいが相場になってくると思います。一年行けば数百万は掛かります。

もし50万あれば日本でネイティブスピーカーと毎日レッスンを行ってもお釣りがくる金額になってきます。

ワーキングホリデーは?!
お金を賄うためにワーキングホリデーをしながらという選択肢もありますが、個人的には海外へ学びにいっているのに、誰でもできるような雑務に時間を費やすのは賢い時間の使い方ではないのではないかと思います。
就職活動では全く評価されない。

人を採用していて、留学ネタは結構聞き飽きたのですが、就職活動では語学留学の経験自体はほとんど評価されないです。

就職活動で留学をアピールしたい場合は、海外の大学への留学や海外大学院進学でないと評価の対象ではありません。留学経験ない人の方がTOEICの点数が高かったらその方を採用してしまうのが本音です。

語学留学はどうしても中途半端

勉学に勤しむならば、海外大学へ留学をすべきですし、遊ぶのであれば世界一周とか全力で遊んだ方が得られるものは大きいように思います。遊びながらも勉強もしたいなんてのは結局どちらも得られずという結果になりがちです。

まとめ。語学留学ではその国について何もわかっていなかったことに後から気づいた。

私も過去に語学留学をした際には、それはそれでいい収穫があったと満足していたのですが、その後アメリカで実際に就業してみると、いかにその国のことを表面でしか見れていなかったことに気づきました。

語学留学は所詮観光の延長線上にあるような気がします。また、英語はあくまでもツールです。今やグローバルなビジネスでは英語が話せることなどスタートラインに立てるだけで、何も有利ではありません。

そのことを踏まえ、海外へ学びに行く際には英語で出来る何かプラスアルファの部分を学んでいければ、色々な道が開けてくるように感じます。

ベトナム語診断してみませんか?
当サイトではベトナム語を学ぶためのアプリや勉強方法を紹介しています。まずはベトナム語診断を是非お試しください!
ベトナム語診断はこちら

 RELATED CONTENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。