Huawei watch GTの腕時計バンドを変える方法をご紹介します。

みなさん、こんにちはニキです。

先日某家電店にて今話題のスマートウォッチを見ていたところ、そのまま一目惚れでHuaweiのWatch GTを購入してしまいました。

何かと話題になるHuaweiですが、昔からHuaweiを愛用しているので、時計もHuaweiのスマートウォッチを買いました。

バンドを自分好みに変えたい!

時計のフレームは自分の好みだったのですが、ビジネスでも使用したいため、バンドはラバー(ゴム製)ではなく、ステンレス製のものへ変更します。

基本的にスマートウォッチも他の腕時計とベルトの仕様は同じなので、好きなバンドを購入に取り付けることが可能です。

Huawei watch GTの腕時計バンドを変える方法をご紹介します。

腕時計の電池交換はこちら

それでは早速、Huawei watch GTの腕時計バンドを変える方法をご紹介していきます。

交換する前の前準備

バンドを購入する

まずはスマートウォッチに付けたい腕時計バンドを購入します。Huawei Watch GTのベルトは22mmなので22mmのベルトを購入すれば、装着することができます。

写真:Huawei watchと購入したバンド

バント調整工具を揃える

今回私が購入したバンドには工具が付属していましたが、工具が付属していないバンドを購入する場合には、別途工具を購入する必要があります。

工具は1000円前後で購入することができるため、バンドを自分で調整する場合は購入しておくことをお勧めします。

スマートウォッチのバンドを交換する

バンドと工具を用意して前準備を終えたら、いよいよバンドを交換していきます。

既存のバンドを取り外す

まずは既存のバンドを取り外します。

スマートウォッチを裏に向けると、トグルスイッチのようなものがあり、爪で押すと金具の先端が縮むようになっています。

爪で押しながらバンドを取り外します。

購入したバンド長を調整する

既存バンドが外れたら、購入したバンドの長さを調整します。

ステンレス製のタイプのバンドは細い鉄のピンでバンドが連結されています。

この細い鉄のピンを抜き取るとバンドを外すことができます。また、ピンをさすことでバンドを連結することができます。

ピンを外していく

ピンを外すためには付属の工具を利用します(細いドライバー等でも代用は可能です)。

使い方は簡単で、取っ手を右に回転させるとピンを押し出すように工具の先端が伸びるようになっています。

外す際には、ピンを押し出す向きに気をつける必要があります。大抵のバンドには矢印が書いてあるので、その向きに従ってピンを押し出していきます。

ピンが半分程度出てきたら、手で抜き取ります。

バント長は事前に計測
バンドのピンを外す作業は慣れていないと時間がかかってしまったり、何回も取り外しをしているとピンが壊れてしまったりすることがあるので、外す回数は最小に抑えたいです。
そのため、事前に手の周りを計測しておき、バンド長を決めてから作業に挑みます。

バンドを結合する

ピンを外し、余分な部分を取り外したら、今度はバンドを結合していきます。

結合させたい部品同士を手で固定した後に、ピンを入れて結合します。ピンを入れる際に、バンドと取り外した際と逆の方法に挿入する必要があるので、注意が必要です。

手では奥まで差し込むことができないので、工具を用いて奥まで差し込みます。

また、ピンを入れる向きにも注意が必要です。

ピンは片方の橋が二つ割れになっています。挿入する際には二つ割れになっていない方から挿入します。

スマートウォッチ本体とベルトを結合する

ベルトの調整が終わったら、スマートウォッチ本体とベルトを結合していきます。

外した時と同じように、トグルスイッチような部分を爪で押すと先端が縮むため、爪で押しながら本体と結合していきます。

2箇所を付け直せば、無事ベルト交換は完了となります。

まとめ

いかがだったでしょうか?作業は30分もあれば終わる簡単なものです。

ベルトを変えるだけで、がらっと時計の印象も変わるので、ビジネスやスポーツ、ファッションなど様々なシーンに合わせてベルトを変えることをお勧めします。

 RELATED CONTENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。