東南アジアへ行く際は持っていきたい!役に立つ便利グッツ5選を紹介します。

こんにちは!ジェニーです。

最近では飛行機も便利になってお陰で、東南アジアに行く方も増えてきたのではないでしょうか?

気軽に旅行しやすくなった反面、東南アジアは気候や文化が日本とは違うため、日本の感覚で旅行へ行ってしまうと大変な目に遭うこともしばしばあります。

今回はベトナムを始めとした東南アジアへ旅行に行く際に、持っていくと便利なものを紹介します!

また、日本にいるとわからない現地の情報や注意点などについても説明していきますので、参考にしてみてください。

東南アジア旅行に持っていくと便利な5つの物

日本製の虫よけスプレー

ベトナムもそうですが、東南アジアでは蚊を始めとする虫が多いです。虫による害も多く、マラリヤなど東南アジアの特別な場所に行く際には予防接種を受けるなどの準備が必要です。

そんな中、東南アジアに行く際には必ず虫除けスプレーは必需品です。

ベトナムを始めとる東南アジアでも虫よけスプレーは売っているのですが、欧米からの輸入品が多く、アジア人の肌にはあまり合わず、かぶれてしまう事があります。

東南アジアに行く前に日本製の虫よけスプレーは是非持っていきたいです。

スプレーは注意が必要
余談ですがスプレー類は機内持ち込み不可なので、LCCを使って東南アジアへ行く人は注意してください。
スーツケースの中に入れて荷物を預ける場合は問題ありません。

ポケットティッシュとウェットティッシュ

東南アジアでも少しローカルな場所へご飯を食べに行くときはティッシュ、できればウェットティッシュを持っていきましょう。

ベトナムのレストランでは、食べた後のお皿やお椀はもちろん洗ってはいるのですが、どんな方法で洗っているのかわからず、衛生管理には色々と問題があります。

(洗剤なしで水で2、3回流すだけだったり、何が入っているのかわからないすごく安い洗剤が使われていたり・・・などなど)

一部の高級レストランを除き、お箸やお椀などを使う前には自分のティッシュで一度拭く事お勧めします。

また、公営トイレやレストランのトイレは汚いので、ティッシュはしっかり持っていきましょう。

日本の感覚で使用しようとするとショックを受けるかと思います。

使わざるを得ない場合、準備していたティッシュがとても助かるはずです。

ハンドクリーンジェル

ウェットティッシュなどでも良いのですが、ハンドクリーンジェルは荷物としてかさばらず、ティッシュに比べて持ちが良いので持っていくと便利です。

ジッパーがついているバッグ

東南アジアの各都市へ旅行に行く際には、盗難にはしっかり注意する必要があります。

とくにベトナム最大の都市、ホーチミンでは盗難が多発していて、深刻な問題となっています。

私がホーチミンにいるときには、電話が来ても人込みでは対応せず(携帯が取られる危険があります。)、バッグを肩から外さないようにしています(バックが取られます。)。

そのため、自分のバックは常に自分の目で見える位置にあるジッパーが付いているものをオススメします。

またバックの中でも、ショルダーバッグやリュックサックのようなバッグは避け、ボディバッグを持って行くのが一番安全です。

注意:パスポートを持ち歩かない
ベトナムへ旅行に行ったら、泥棒に気をつけないといけません。パスポートが盗まれたら大変ですよね。念のため、外へ持ち歩かないでホテルのフロントなどに預けるか、自分の部屋に置いておく方が良いです。アメリカなどと違ってパスポートの提示を求めるレストランやバーは少ないです。

指さし会話帳

とても便利な単語帳で、伝えたい事を指を指しながら相手に見せる事で会話する事ができます。

東南アジアは英語圏ではないので、英語が通じずコミュニケーションが取るのが難しいです。そこで便利なのがこの”指差し会話帳”です。文字通りしたいことや欲しいものを指で指すだけでコミュニケーションが取れるという優れものです。

これ一冊あるだけで、コミュニ―ションを取る時にとても役立ちます。

まとめ

いかがだったでしょうか?最近人気が高まってきている東南アジアですが、しっかりと準備しておくことで、トラブルを避けることができ、きっと楽しい旅行になるはずです!

是非上記の5つのものを持って行ってみてください。

 関連コンテンツはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。