世界のビジネスツール!若者でもゴルフをすべき理由とメリットをご紹介します。

周りでゴルフをやっている方は多いでしょうか?世界で競技人口が少なくなってきているゴルフですが、ゴルフにはたくさんの魅力があります。

近年では多くの若者が敬遠してしまうゴルフですが、若者こそ今の時代ゴルフをやっておくとよい理由をご紹介していきたいと思います。

また、このサイトならではのグローバルな視点からのゴルフのメリットもご紹介していきたいと思います。

まだまだ初心者の20代ですが・・・
私自身ゴルフ歴は1年と初心者ですが、ゴルフの魅力に魅了されています。打ちっぱやラウンドに回ってもなかなか若い人はいないので、今回は是非多くの若者にその魅力を知ってもらい、若者ゴルファーが増えていったらなと思います。

世界のビジネスツール!若者でもゴルフをすべき理由とメリットをご紹介します。

ゴルフは非日常感を味わえる楽しいスポーツ

ゴルフは日常では味わえない壮大な景色や雰囲気を味わいながら楽しむことができるスポーツです。(雰囲気などプチセレブを感じられるところが私は好きです。)

広大な大地で放つショットは日ごろのストレスから解放され、とても気持ち良い感覚です。また、ゴルフはやればやるほど奥が深いスポーツで、その面白さがわかると、きっとゴルフに嵌ってしまうに違いありません。

生涯できるスポーツ

ゴルフは年齢による衰えがあまり影響スポーツだと言われており、元気な方は80、90歳を超えてもプレーしている方はたくさんいます。

文字通り、生涯死ぬまで楽しめるスポーツがゴルフなのです。また、激しいスポーツではないので、怪我に繋がるようなことは少なく、安心して子供からお年寄りまで楽しむことができます。

体を動かさない社会人には丁度いいスポーツ

社会人になると体を動かす機会が少なくなることはありませんか?若いうちはそれでも大丈夫かもしれませんが、年を追うごとに、体を動かさないと様々な病気になる確率が高まってきます。

そんな時には適度に体を動かすゴルフが最適です。

健康寿命がゴルフで伸びる?

実際にゴルフをしている人はしていない人よりも、病気に掛かりにくく、死亡率が低いなどの結果も出ているそうです。

また、同時に記憶力などにも影響し、健康寿命にも影響があると言われています。ゴルフで楽しく健康に生きていけるとよいですね!

ゴルフで死亡率が低下?!

多くのビジネスコミュニケーションの場に!

ゴルフはビジネスコミュニケーションの場としてよく使われます。接待や会社のイベント等でゴルフがあることも多いでしょう(近年は少なくなってきましたが・・・)。

ゴルフを通して仲良くなって、商談が決まったり、契約更新になったりと趣味だけでなく、仕事にも好影響を与えることが多いです。ゴルフをやっておくと趣味だけでなく、仕事でも良いことがたくさんあります。

また、ゴルフをやると分かりますが、社長さんや役員の方の多くがゴルフをやっていて、ゴルフを通して話す機会がありビジネスチャンスが多くなります。起業等を考えている方はゴルフをすべきだと思います。

若いと周りに差をつけられる!

特に若い人であまりゴルフをやっている人が少ないので、若い社会人がゴルフをやっていると上司や商談先から可愛がられることが多いです。

世界を超えて繋がれるコミュニケーションツールでもある!

ゴルフは日本だけだと思っていませんか?ゴルフの発祥はアメリカで多くの国と地域でプレーすることができます。

最近では日本の安倍首相とトランプ大統領が一緒にゴルフを回っていたように、ゴルフは国を超えてコミュニケーションを取ることができます。

実際に外資系などでもよくゴルフを行うことがあります。ゴルフをしながら英語を学べたりとゴルフを通してプラスアルファの経験が詰めるはずです。

そんなにお金の障壁は高くない

最後に、やはり心配なのは費用面になるかと思います。多くの方がお金が掛かるといった印象から敬遠することが多いように思います。

お金が多少掛かりますが、昔ほど高い訳ではなく、ゴルフ一式は5万ほどあれば購入できますし、ラウンドもネット予約等で安くやれば5000円以下で楽しむこともできるようになりました。(飲み会1回分で1日遊べると思えば、お得に感じませんか?)

まとめ

人口がどんどん減っているゴルフですが、ゴルフをすることの楽しさやメリットは多くあります。是非若い人ほど、ゴルフを始めたら人生が変わってしまうほどの面白さがあるかと思います。ゴルフと一緒に人生をエンジョイしてみてはいかがですか?

 RELATED CONTENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。