ベトナム語のおすすめ単語帳と覚える際に気を付けたいことをご紹介します。

みなさん、こんにちはニキです。

語学を勉強する上で単語を覚えることは切っても切り離せない関係です。

ベトナム語を勉強する際にも、単語の量を増やすことはとても大事になってきます。特にベトナム語では文法が簡単なため、単語量が語学力に直結します。

今回はベトナム語の単語を学習する上で、おすすめの単語帳と覚える際に気を付けたいことをご紹介します。

ベトナム語のおすすめ単語帳と覚える際に気を付けたいことをご紹介します。

ベトナム語のおすすめの単語帳をご紹介する前に、単語を覚えるに当たって気を付けたいことをご紹介します。

べトナム語の単語を覚える際に気を付けたいこと

カタカナで読み方を覚えず、ベトナム語の発音で覚えること

ベトナム語単語帳にはカタカナで読み方を振ってある物が多いですが、カタカナでは絶対に覚えないようにします。

ベトナム語はトーンや音に重点を置いている言語のため、発音が間違っていると全く通じません(通じないレベルは英語の比になりません)。

もちろん、カタカナでは到底ベトナム語の発音をカバーできないため、ベトナム語の発音は初めにしっかりと勉強しておく必要があります。

単語は文字だけでなく、音声を含めて覚えることがベトナム語には重要となってきます。

音声をマスターする
声調を含めて覚えること

中国語などを勉強したことがある方には馴染みがあるかと思いますが、ベトナム語には声調があります。

英語のようにアルファベットだけを暗記をしていると、いざ携帯やPCでベトナム語を打とうとしても、打てません。

実際にベトナム語には同じアルファベットだけれども、意味が違う単語が多くあり、区別するためにも声調を使っています。

そのため、ベトナム語の単語を覚える際にはアルファベットだけでなく、声調もセットで暗記する必要があります。

コローケーションを意識する

こちらはすべての言語に共通しますが、コロケーション(単語と単語の組み合わせ)を覚えないと通じないことが多いです。

日本語のコローケーションは日本語だけで有効であって、ベトナム語では違うことをしっかりと認識した上で、ベトナム語のコローケーションを学ぶ必要があります。

単語だけでなく、使われる例文と一緒に覚えていくことを大切です。

例. 辞書を引く?

日本語では、辞書を引くと一般的に使用しますが、英語でpull a dictionaryとは言いません。

このように単語動詞(多くは動詞と名詞の組み合わせ)のコローケーションを覚えないと通じないことが出てきて、ベトナム語も例外ではありません。

おすすめ単語帳は音声と例文が多いもの!

ここまでご紹介してきたように、ベトナムを覚えるための単語帳で欠かせない要素は以下の2つがあります。

音声が付いているもの

ベトナム語の単語帳に音声が付いていないもの(CDやダウンロードができない単語帳だけのもの)は、使えるベトナム語を学びたい方は手を出さない方がよいです。

必ず音声が付いているものを選ぶようにします。

例文が付いているもの

例文があるとコローケーション(単語と単語の組み合わせ)を覚えられる他、記憶の中にストーリーとして定着しやすいため、例文が多く載っている単語帳をお勧めします。

使い方が分からない単語はコミュニケーションをする上で使い物にならないため、例文がない場合はインターネットなどで例文を探すような努力をする必要が出てきます。

そういった作業を減らすためにも、例文がたくさん載っている単語帳がベストです。

市販されているお勧めの単語帳のご紹介

それでは、実際に販売されている単語帳をご紹介しますが、上記の2点を満たしている単語帳であれば、どれもお勧めです。

後は自分にあったもの(ビジネス用途か観光用途か)を選んでいくのがよいです。一応私が使ってきた単語帳等をご紹介していきます。

安心のキクタンシリーズ

日本ではお馴染みのアルクが出版しているキクタンシリーズのベトナム語版です。キクタンですので、CDが付いておりしっかり音声を確認できます。

また、ベトナム語単語帳の中では例文が多く、覚えやすいレイアウトとなっています。

少し単語/フレーズの量が少ないのが問題ですが、ベトナム語シリーズは増えていっているので、今後にも期待できる単語帳です。

単語量ならベトナム語基本単語2000

ベトナム語の単語量では”ベトナム語基本単語2000″をお勧めします。レストランや乗り物に乗るといったシチュエーションごとに単語が分かれているので、関連用語を覚えやすいです。

音声CDは別途販売ですが、購入することが可能なので、音声から単語を聞くことが可能です。

しかしながら、例文が少ない点と、カタカナで読み方が載っているので、根気強く調べながら単語を覚えていく必要がありそうです。

また少し古い本なので、カラーで見やすいレイアウトになれている方にとっては少し苦労するかもしれません。

見やすいレイアウトの実用ベトナム語単語集

2014年に出版されているので、見やすいレイアウト構成となっている単語帳です。単語量も1860単語と十分な量を揃えています。音声も付属CDも付属しているため、別途購入する必要がないため、お得感があります。

しかしながら、日本語が初めに来てから、ベトナム語があるのが少しネックで、日本語1つに対してベトナム語が1つの意味のため、ベトナム語が日本語で2つ以上の意味を持つ場合には、自分で調べながら補っていく必要があります。

こちらの単語帳はベトナム人が日本語を学ぶためにも使える様になっており、その分不要な情報もあります。

少し自サイトの告知・・・

色々と紹介して来ましたが、何かしっくりとくる単語帳が見つからず、結局はジェニー(妻)の力を借りて単語帳を作成してしまいました。

音声をダウンロードする手間や、日本語を隠して暗記する手間など無くすため、ITを駆使して簡単なアプリも作成しましたので、是非試して頂けたらと思います。

今後もどんどん単語の量を増やしていく予定です。

まとめ

単語を覚えるのは言語を学ぶ上で、欠かせないこととなってきます。

ベトナム語では間違った発音で覚えてしまうと全くコミュニケーションが取れなくなってしまうため、他の言語以上に音に気を付けながら覚えていく必要があります。

当サイト内でもベトナム語学習を支援するコンテンツをいくつか揃えているので、是非ご利用頂けたらと思います。

ベトナム語診断してみませんか?
当サイトではベトナム語を学ぶためのアプリや勉強方法を紹介しています。まずはベトナム語診断を是非お試しください!
ベトナム語診断はこちら

 RELATED CONTENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。