ベトナムでの本社採用に比べた現地採用のメリットとデメリットをご紹介します。

一昔に比べると最近はグローバル化が進んできており、海外で働きたいと思っている方も多いかと思います。

海外で働くには主に2種類

日本人が海外で働こうと思うと主に2種類の働き方があります。一つは日本の会社に属して駐在員として海外で働く方法(本社採用)です。

もう一つは現地の国で採用されて働く方法(現地採用)があります。

本社採用の難易度は高いため、現地採用になることが多い

海外で働くには2種類の働き方がありますが、海外で働きたいと思った際に、一般的に本社採用として採用されるのは難しく、現地採用として採用されることが多いです。本社採用での求人も存在しますが、求人数が少ないためハードルが高いです。

ベトナムならではの現地採用の働き方

ベトナムの現地採用では他の国とは少し違った特徴もいくつかあるので、今回はそんなベトナムでの現地採用のメリット、デメリットをご紹介していきたいと思います。ちなみに、本社採用のメリットとデメリットは現地採用の逆だと考えて頂けたらとも思います。

ITエンジニアのベトナム就職について
ちなみに私は
ちなみに記事を書いている私はベトナムの現地採用として日系企業で働いています。現地採用の良いところや悪いところをご紹介できたらと思います。

ベトナムでの本社採用に比べた現地採用のメリットとデメリットをご紹介します。

それではさっそく、現地採用のメリットとデメリットをご紹介していきます。

ベトナムでの現地採用のメリット

ずっとベトナムに滞在することができる

現地採用の最大のメリットはずっとその国に滞在できることにあります。人事権が現地会社にあるため、海外への転勤命令は本社採用に比べるとかなり低くなります。本社採用の場合は人事権が日本側にあり、自分も日本に属しているため、本社側の意向ですぐに日本へ連れ戻されることが多くなります。

ベトナムにずっといたい場合は、現地採用を選択した方がよいです。

副業ができる

ベトナム特有のメリットになりますが、ベトナムでは法律で副業が許可されています。ただし、ベトナムの会社で契約をする必要があり、日本採用では副業ができないことになります。

ベトナムの若者は仕事を掛け持ちしている人が多く、副業をすることで給与をあげることができます。

日本の会社に縛られにくい

籍がベトナムの会社にあるので、日本の会社の意向に左右されにくいです。日本側の人事による配置転換や給与の干渉等に縛られにくくなります。

ある程度の裁量権がベトナム側にあるので、無駄な干渉などを受けることが少ないです。

起業などに誘られやすい

ベトナムでは若い人はどんどん起業する傾向があります。多くの日系企業がベトナムに進出しているので、創業メンバーとして誘われる機会などが多くなってきます。

現地採用だけが誘われる訳ではありませんが、日本側を気にせずに動ける現地採用の方が、起業や現地法人設立などのチャンスが多くあります。

ベトナムでの現地採用のデメリット

ここまで現地採用のメリットを紹介してきましたが、メリットばかりではありません。次はデメリットをご紹介していきます。

給与は駐在員に比べると安く、福利厚生の充実していない

現地採用は本社採用に比べると給与が安い傾向があります。海外赴任手当などが出ない、家賃補助がない等、福利厚生の部分でも大きさ差がある場合が多いです。

お金の面だけでみると、駐在員に軍配が上がります。

昇進はある程度までしか見込めない?

現地採用ではある程度の職位までしか上がらず、部長や社長などの職は本社の社員が請け負うことが多いです。

あくまでも外資の話にはなりますが、その会社で上まで上り詰めたいという野望や情熱を持っている方は現地採用には向かないかもしれません。

契約が切れる可能性がある

ベトナムでの正社員は日本のように終身雇用という訳ではなく、契約期間のある労働契約をします。

会社が経営が傾いたり、成績がよくなかったりすると契約解除となります。ベトナムでは転職等が一般的で労働者の流動が激しく、実力主義部分があるため、日本のように正社員になってその会社で一生安泰という訳ではありません。

継続的にスキルを伸ばして、転職を見据えたくない場合は現地採用には向かないかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は現地採用のメリットとデメリットをご紹介しました。あくまでも今現在の日系企業の状況であり、今後はメリットがなくなったり、デメリットがなくなったりする可能性は大いにあります。

良いところ、悪いところをご参考に転職活動の参考にして頂けたらと思います。

 RELATED CONTENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。