IT×英語はこんなにも需要がある!IT業界における英語の重要性とメリットについて

みなさん、こんにちは。

最近はどこを見てもITエンジニア不足であり、採用する側としてはとても頭が痛い話題でもあります。

私自身、ITエンジニアとしても、採用としても働いているのですが、最近はITのスキルに加えて”英語”の重要性が増してきていると感じています。

今回は、IT業界における英語の重要性とメリットについてご紹介していきたいと思います。

IT業界における英語の重要性とメリットについて

国内でも英語のIT案件が増えてきている

国内でITエンジニアをしていて、英語の必要性をあまり感じられない人は多いかと思いますが、その需要は確実に増えてきています。

特に大手メーカー企業などの海外に工場や支店がある企業では、社内のIT案件(インフラや開発)は国内だけで収まらず、世界に展開していく必要があります。

このグローバル化の流れはどんどん進んでいて、今後は英語が話せるIT人材の必要性がどんどん増してくるはずです。

コストの割に単価が高い

需要は確実に増えてきていますが、特にエンジニアで英語が話せる人材は希少です。

そのため、案件に対する単価がとても高い傾向にあります。特にフリーランスなどで頭打ちに合っている方にとっては”英語”は現状を打開する突破口となる可能性があります。

英語自体難しいものではないのに関わらす、単価としてみればその辺の高度なIT国家資格よりも大分稼げます。

高度IT資格を取るために何千時間も費やすのであれば、TOEIC800点ぐらいをサクッと取ってしまった方が単価からみる費用対効果がとても高いはずです。

英語を楽しくマスターする方法

 

フリーランスとして働きやすくなる

フリーランスの方にとって英語は話せれば、単価は上がり、案件も増え、場合によってはノマドワーカーとしても容易に生計を立てることができます。

どの業種にも共通して言えることかもしれませんが、今後会社に頼らない生き方をしていく方にとって英語が必須となるはずです。

世界の最新情報が簡単に得られる

ITの最先端技術はアメリカのシリコンバレーを始め、少なくとも日本ではなく海外で展開されていることがほとんどです。

そして、そのほとんどが英語で書かれています。最新の技術が日本語に直されて実用化されるまでには数年掛かることもあり、すでにそれだけで世界と数年の遅れを取っていることになります。

今後日本にても、エンジニアの最上部で働きたいという方にとっては”英語”は必須のスキルとなってくるはずです。

海外での転職が容易に

英語を話すことをできれば、日本という狭い範囲で仕事を考える必要がなくなります。

世界と比べても日本のIT業界は少し変わっていて、給与面、待遇面でかなり世界に後れを取っています。

英語が話せるだけで、世界転職市場に目を向けることができ、今の給料の倍以上の仕事を得られるなんてことがざらにあります。

英語は分かれば資格取得が容易になる

IT業界にいる方であれば、様々な資格を取っている方が多いかと思います。どのIT資格においても横文字やアルファベットの省略後は頻出単語として出てきます。

そのほとんどが英語圏から来ているため、多くのIT用語は英語を元にした単語になっています。そのため、英語が分かれば言葉を覚える必要がなくなります。

様々なIT試験において、言葉の意味などを問う問題に対しては、翻訳するだけでほとんど正解が分かってしまうものばかりです。

例. DMZとはどういった意味でしょうか?

DMZ(DeMilitarized Zone)=非武装地帯(日本語直訳)

英語がわかれば、DMZが非武装地帯ということは直訳レベルで分かります。それだけ分かれば一度でもネットワーク系の内容であることが念頭にあれば答えが用意に推測できてしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?ITエンジニアで英語が話せるというだけで、未来はだいぶ明るいのではないでしょうか。

英語もITスキルも継続しながら勉強していかなければいけないという点ではITエンジニアの方は英語を勉強しやすい方が多いようにも感じます。

ITエンジニアとして、英語が話せることのメリットはとても大きいです。その反面、どちらも中途半端が一番使えないのも事実です(ITエンジニアの多くの方は痛感しているはずです)。

簡単に得られるものではありませんが、努力するだけの価値は十分あり、その価値は今後も上がっていくはずです。

 関連コンテンツはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です