IP電話からでもフリーダイヤルは掛けられる!050Freeでチャージすることなく利用する方法をご紹介します。

最近では格安SIMが流行って来たお陰で、IP電話アプリを使って電話をかけている人も少なくないのでしょうか?

IP電話が出来始めたころは、繋がりにくかったり音声が途切れたりと問題はいろいろありましたが、インターネットの高速化によってIP電話でも安定して電話が出来るようになりました。

IP電話ではフリーダイヤルに掛けられない?

そんな格安で電話が掛けられるIP電話(通常アプリを使用する)ではフリーダイヤルに掛けることができないという問題がありました。

ご丁寧にフリーダイヤルしか載っていないサイトやフリーダイヤルがあるのに通常の固定電話に掛けなければいけない場合など、結構な頻度でフリーダイヤルは使用するのに関わらずIP電話は対応していませんでした。

フリーダイヤルに掛けられる「050Free」

そんな中、フリーダイヤルに掛けられるIP電話アプリがついに誕生しました。

今回はブラステル社のIP電話アプリ「050Free」を紹介致します。

クレジットやブラステルカードを購入することなく利用可能

フリーダイヤルだけを利用する場合はプリペイドカード(ブラステルカード)やクレジット登録等することなく利用可能です。

絶対に課金されないという安心感はなんかよいですよね笑。

有効期限は1年なので、注意が必要

2017年10月より、050番号の有効期限は課金がなければ1年となりました。フリーダイヤル専用に使うには期間に注意する必要がありそうです。

再度050番号を発行する、または少しチャージする等しなければいけません。突然掛けられなくなる可能性があるので注意が必要です。

SMS付データSIM+IP電話が最強?
私自身、楽天モバイルのSMS付データSIMを使っているのですが、月3.1GBのデータ容量でなんと1020円という破格の値段で携帯を持つことができます。
050Freeによってフリーダイアルの問題も解決された今、IP電話のデメリットはほとんどなくなってきていると言っても過言ではないでしょう。
ちなみに、SMSは承認や電波の検知の問題等で付けておくのがお勧めです。

 

IP電話アプリを使ってフリーダイアルに掛ける方法

IP電話アプリの「050Free」を使ってフリーダイアルに掛ける方法を紹介していきます。

2018年5月現在、フリーダイアルに掛けられるIP電話アプリは「050Free」のみとなっています。

050FreeWEBサイト

 

ちなみにIP電話って?

IP電話(アイピーでんわ)は、広い意味では電話網の一部もしくは全てにVoIP技術を利用する電話サービスである。音声のみのものが多いが、動画も利用できるテレビ電話サービスなども可能である。-Wikipedia “IP電話”

IP電話はインタネットでのブロードバンド回線を用いて電話をかけるサービスのことを言います。

インターネット回線を使うので、インターネットが遅かったり、圏外だったりする場合は電話を掛けることができません。

 

050Freeを設定を行う

Googleplayへアクセス

まずはGoogleplayまたは、アップルストアで050Freeと入力すればすぐに出てきます。

プリペイドの登録は不要

インストールが完了し、アプリを開くとブラステルカードを所有しているか?と聞かれるので、いいえ(NO)を選択します。

SMSでの携帯認証

次に携帯を認証するために、SMSが送信できる電話番号を入力します。

このような認証が多くあるので、データだけのSIMではなく、SMS付のSIMを購入することをお勧めします。(追加100円ぐらいですしね・・・。)

SMSに届いたコードを入力して次に進むと、UserIDとPassword、050の番号が貰えます。

ログインを行い設定は完了

アプリに戻ってUserIDとPasswordを入力して設定は完了です。

ダイアルパッドの上にチャージが0と表示されますが、フリーダイヤルには問題なく掛けることができます。

ちなみに緑のボタン050を押すとIP電話での通話、mobile0091を押すと電話回線での発信します。

まとめ

いかがだったでしょうか?IP電話でのフリーダイヤルが出来るようになっているので、上手く利用することで携帯代をぐっと安くすることが出来るでしょう。

上手に利用して、お金を節約しましょう!

 関連コンテンツはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です