フィリピン英語で英会話を学ぶのは注意が必要?!英語を格安クラスで学ぶためのメリットとデメリットを紹介します。


近年では英語を学ぶために、フィリピンへの留学やオンライン英会話がかなり普及してきました。

そんな中、初めて英語を学ぶ方にとってはフィリピンの英語ってどうなの?と思う方は少なくないと思います。今回はフィリピンの英語で英語を学ぶことのメリットとデメリットを紹介していきます。

フィリピンとは?

正式名称はフィリピン共和国であり、東南アジアに位置する国です。日本と同じ、島国でもあり、島の数も日本と同等の約7000島あります。

公用語はタカログ語と英語となっています。その他にも地方によってさまざまな言語があります。

フィリピンでの英語教育

フィリピンでは、小学校から大学まで英語で教育が行われています。数学や理科などもすべて英語で授業を行います。そのため、フィリピン人は英語を使うのが日常茶飯事であり、流暢に話す人が多くいます。

フィリピン人がアメリカ等の大学院へ進学する際に、ある程度の大学を出ていればTOEFL等が必要ないのだとか・・・。そのぐらい英語を能力には長けています。

フィリピン英語で英会話を学ぶのは注意が必要?!英語を格安クラスで学ぶためのメリットとデメリットを紹介します。

フィリピン英語で英会話を学ぶ際のメリット

発音が綺麗で聞き取りやすい

世の中には様々な英語が存在します。その中でもフィリピン英語は世界中のどの人からみても聞き取りやすい英語の部類に入ります。また、アメリカ英語よりも巻き舌にはならないので、日本人にとって発音がし易い英語を話します。

そのため、初めて英語を学ぶにはとても適していると言えます。

世界で通じる英語の必要性とは?!

 

はっきりとゆくっりした英語

フィリピンの英語は綺麗ではっきりとした発音するだけでなく、ネイティブに比べるとスピードがゆっくりでかつ、ネイティブほど続けて発音がされないので、一つ一つの単語を把握することができ、リスニング力が向上しやすいです。

格安で授業を受けられる

フィリピンで英語を学ぶことの最大の利点として、オンライン英会話等で格安でクラスが受けられるという点があります。

アメリカ人等のネイティブのクラスに比べると、価格は半額以下となることが殆どで、お金をかけずに気楽に英語を勉強することができます。

また、最近ではフィリピンでの留学を人気になってきており、アメリカに比べるとこちらも半額以下で留学することができます。

フィリピン英語で英会話を学ぶ際のデメリット

逆にフィリピン英語で英会話を学ぶ際のデメリットを紹介していきます。

大は小を兼ねる(アメリカ英語はフィリピン英語を網羅している)

基本的にアメリカ英語が完璧に話せるようになる際には、フィリピン英語も完璧に聞こえるようになり、理解できます。

しかしながら、フィリピン英語が完璧に話せるようになっても、アメリカ英語にはついていけない事があります(スピードやイディオム、最先端の言葉等)。

フィリピン英語でも十分ですが、上を目指したい人にとっては壁に当たる時が来るでしょう。

話すスピードが速くない

上記にも書いてありますが、アメリカやイギリス人のネイティブスピーカーは話すスピードがフィリピン英語に比べるととても速いです。

グローバルビジネスにおいては、ある程度速く話すことも必要になってきます。そういった時に、フィリピン英語を学んでいるとスピードの点で一歩で遅れてしまいます。

ネイティブの発音とは違う

日本ではやはり英語はアメリカという考え方があり(世界中でかもれませんが)、アメリカのアクセントが綺麗だとされている風潮があります。

劣等感ではないですが、フィリピン英語ではアメリカ人並みの巻き舌発音や発声方法が身に付きにくいです。

流行りの英語が学びにくい

言語が常に進化していっているものではありますが、英語に限って言うと、やはり流行り語はアメリカの英語から作られることが多いです。

このようの最新のトレンド語はネイティブからの方が速くキャッチできますし、使い方も正しいです。

アメリカの映画には遠い


上記のすべてを網羅しているかもしれませんが、英語を学習しているといつか映画を字幕なしで見たいと思う人もいるかと思います。

そんななかアメリカの映画が必然的に多くなるのですが、やはりアメリカの映画を理解するにはアメリカの英語を学んだ方が理解が早いです(単語、イディオム等)。

まとめ

いかがだったでしょうか?フィリピンの英語は日本人にとって聞きやすく、話しやすいため、初めて英語を学ぶには持ってこいの学習だと思います。

その反面、今後欧米を相手にするビジネスが求められる、または更に高い英語力を身に着けたい方は、ネイティブの英語を学んでいった方がよいでしょう。

私の体感 英語学習の切り替え時期
私の体感ではありますが、TOEIC900ぐらいまではフィリピン英語で全く問題ないと思います。それ以上(例としてTOEFL 100点以上)を目指す際には、ネイティブを相手にした学習方法に切り替えた方が効率がよいです。

 

 関連コンテンツはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です