ベトナムの旧正月”テト”がいよいよ!その模様を紹介します。

ベトナムでは、今年も明日から新年を迎えます。家族や親戚が様々な場所から実家に戻り、一緒に家を片付けながら新年を待っています。

本日はそんな、ベトナムの旧正月(テト)について紹介させていただきます。

旧正月(テト)とは?

ベトナムでは、中国の様に昔から月の朔望と合わせて旧暦を使っています。

旧暦の最初の日を旧正月と呼びます。日本の暦によると、毎年2月~3月に旧正月が行われます。現在、ベトナムで旧暦は旧正月と(dead anniversary) しか使わず、学校や会社などでは日本と同じ暦が使われています。

旧正月は家族全員が集まるため、一年中一番華やかな時期だと言われています。親戚の家を尋ねに行ったり、お墓を参拝しに行ったり、旅行したりして家族にとってとても大切な時間です。

 

ベトナムの旧正月(テト)について紹介していきます

旧正月(テト)の準備が一番楽しい?

私は旧正月の準備が、一番楽しむ事ができる催しだと思っています。ほとんどの学校と会社で、元日の三日間前から休日に入り、家の掃除や飾り、忘年会の行いなどが行われるため、毎日が忙しいです。

日本でも、年末は連休になるため、嬉しい気分になりますよね?!笑

家は花で飾り着けを行う!

家の中を飾るために、北部では梅の木、南部では黄色の花でマイバンと呼ばれる木を使います。

梅の木で飾り付けを行った様子

写真:梅の木を使って飾りを作っている最中です。

マイバンで飾り付けを行った様子

写真:マイバンの木で飾った際の様子です。

年が明ける(革新)と色とりどりのお花で飾り付け!

年が明けることを革新といいます。ベトナムでは年が明けると、色とりどりのお花を飾り付け、新年をお祝いします。

写真:新年が明ける(革新)と、カラフルなお花で家を飾ります。

写真:家の中を花で飾り付けするため、道端にはお花がいっぱい売られています。

新年は大勢の親戚が集まってお祝い

新年は大勢の親戚が遠方から集まり、皆でお祝いをします。ベトナムでは会社の忘年会以外にも、親戚が家に集まって行う忘年会があります。

レストランでなく家で行うため、準備するのも片付けるのも実はかなり大変なんですよ。

旧正月はお店はほとんど閉店している?!

ベトナムでは旧正月になると、レストラン等のお店はほとんど閉店しているので、家で食べることがほとんどです。そのため、旧正月が始まる前から料理をたくさん準備します。

旧正月(テト)に観光に行く際には注意!
この時期にベトナムへ観光しに来ると、レストランなどを探すのがとても難しいです(何処も長期休暇を取っています)。注意しましょう。

 

写真:台所の奥でお母さんたちが、食べ物をいっぱい準備しました。

旧正月(テト)の伝統的な料理 

日本の正月には、お餅がよく食べられますね。ベトナムにも餅米から作られたバンチュン」というケーキがよく食べられます。葉っぱに巻いて食べます。

写真:伝統料理「バンチュン」

 

まとめ

ベトナムの旧正月(テト)はいかがだったでしょうか?

旧正月(テト)を体験してみたい場合は、是非2月~3月の間に行ってみてください!(ただし、お店は殆ど閉まっているので、注意が必要です。)

 関連コンテンツはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です