転職活動で第二新卒ではこうやってアピールすると効果的!その方法を紹介します。

みなさん、こんにちはニキです。

前回の記事でも書きましたが、日本では新入社員が入社してから3年以内に3割の人が辞めているといった統計がでています(ちなみに私もその一人です)。

辞めてしまうのは簡単ですが、仕事がないままというのは先が心配ですよね。また、次が辞めた会社より悪くなるといった事も避けたいです。

誰でも、いい会社に入りたい・・・しかし、3年以内に辞めるということはネガティブに見られることも多いかと思います。

今回はどうやって第2新卒はアピールしてばいいかを紹介していきます。

※あくまでも私の主観ですので、参考程度に見てやってください笑

第2新卒でのアピール仕方

まずは若さ(元気さ・明るさ)をアピール

第2新卒では正直専門的な知識や経験はまだまだといったところだと思います。会社も即戦力になるなんて思っていません。

だからこそ、元気さは第2新卒を採用するための中で、図ることができる数少ないポイントであり、アピール点でもあります。

中途採用で第2新卒なんて、「私経験全くないんですよ」と言っているようなものです。まずは若さ(元気さと明るさ)をアピールしましょう。

ここが一番大切で、ここさえクリアできれば、ある程度の企業から内定を得ることが可能だと思っています。

社会人としてのマナー等をしっかり学んだをアピール

会社が新卒でなく、あえて第2新卒を取る1つの理由として、専門知識はないにしろ、社会人としてのマナー等は学んでいると考えているからです。

なので、専門性を話すよりは、しっかりと研修を受けて、社会人としての知識やマナーは勉強したということをアピールするとよいと思います。

ネガティブ要素は言わず、自ら環境を変えに来たアピールをする

転職をする際には、少なからずネガティブな部分はあるものです。それが、第2新卒では、我慢ができない等と捉えられてしまいがちです。

しかし、言い方次第でネガティブなこともポジティブなこととして、捉えることができます。

言い回しの例.
事実であること アピールの仕方
 人間関係が悪かった  意見が通らない職場で、自分の意見が通る環境を求めて転職を決めました!
 残業が多すぎて辛かった  意思決定が遅く、効率的な働き方ができなかったため、理想の環境が整っている御社を志望します。
 給料が安い  年功序列色が強く、昇給に時間が掛かるのが想像できたため、転職を決意しました!

石の上にも3年を上手く利用する

辞める時にも、転職する際にも、よく言われる言葉「石の上にも3年」。よく言われますが、一般的に転職活動は35歳程度まででないと、よっぽどの経験がないと不利になると言われています。

そのため、そのことを上手く利用して、若いうちにしか挑戦できない環境があることを上手く伝えると面接官を納得できるかもしれません。

20代の3年間はとてつもなく大切

個人的な意見ではありますが、20代の3年間は本当に重要な期間だと思います。20代の内は何でも挑戦できます。30代になって来ると急に様々な可能性がなくなっていきます。

違うと思ったり、挑戦したいと思ったらすぐに行動すべきだと私は思います。人生は一度きりです!

ちなみに私の場合では…

・前職が技術者で、今が営業職(営業コンサル)なのですが、3年働いてキャリアを積んでしまうとエンジニアとして見られてしまう恐れがある

・自分のやりたいこと(営業コンサル)ができるのは、3年後よりも今の方がチャンスがある

みないな感じで、質問に対して切り替えしていました。私のように職種を変える場合は、むしろ3年働くよりも、第2新卒として転職する方が有利に働くはずです。

次は何年も続ける覚悟はあるのか?

これも第2新卒に対して、よく言われる質問の一つだと思われます。3年以内に辞めた人を採用するのが、企業からすると一番リスクが高い部分でしょう。

「前の会社には、この部分に問題があり、御社では解決できるため、辞める心配がない」ということを上手く伝えられれば、面接官も納得するかと思います(ここが一番難しい問題ですが)。

多少こじ付けでも、できる限り論理的に説明する必要があります。あとは熱意を伝えるしかないかと思います。

面接は選ばれる側であると同時に、選ぶ側でもあることを忘れずに

内定がほしいばかりに、相手企業の悪い所を探す作業を怠る人が意外に多いかと思っています。面接は選ばれる側であるのと同時に、選ぶ側でもあることを忘れずに挑みましょう。

実際入ってみたら、残業だらけだったとか、過酷なノルマがあったとか、給料がすごい安かったなど色々あると思います。転職活動では、お互いに社会人として挑む訳なので、きちんと労働条件等を確認しましょう。

私は新卒の就職活動と比べこの部分が転職活動ではしっかりと確認できたので、転職に成功できたと思っています(新卒の時に働く条件など何も気にしていなかったので・・・)。

まとめ

第二新卒はきちんと理由さえ説明できれば、大きなチャンスになると思います。今の会社に不満を持っている第二新卒の方、挑戦できるのは意外に今しかないのかもしれません(特に職種を変えたい場合)。

若さは力です。可能性は無限大にあります。今後の人生どのように進むべきかよく考えて、是非挑戦していったら面白い人生になるのでは?と私は思っています。

 関連コンテンツはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です