明るい「L」と暗い「L」の発音の仕方を解説します

日本人が英語を学ぶ時に打ちあたる壁の一つに「L」の発音があります。この「L」の発音、実は2種類の発声方法があるのをご存知ですか?、明るいL(以下ライトL)、暗いL(以下ダークL)があり、同じアルファベット(発音記号)でも、発声の仕方が全く違います。英語の上級者であっても、この違いがわからない方が意外に多いかと思います。今回はそんな違いについて説明していきます。

ライトL(light L)とダークL(dark L)

Lには2つの発声方法があります。これをしっかりと認識しないといつまでたっても上手く聞き取れなかったり、話せなかったりします。

ライトLの発音方法

ライトLの発音方法は舌を歯茎に充てて、「AH」と息を吐くように発音します(画像左側参照)。日本の「らりるれろ」の発音に近く、もう少し歯茎に舌をしっかりと付けて発音をします。

ライトLの例.
Like
Lake
Low
Love
・Really
・Literally
・Plan
・Clock

ダークLの発音方法

「apple」発音できますか?

りんごの英語「apple」はダークLの典型的な単語です。Lが最後に付いているので「アップル」と発音しがちです。しかし、ネイティブの発音を聞くと「アッポ」と聞こえるはずです。そうです。実際にネイティブスピーカーはと発音なんてしていません。と発音しているのです。

発音記号はæpl、でも騙されてはいけない

発音記号を見るとæplと書いてあるので、しっかりとLの発音をするのが正しいと思われる方が多いですが、それは違うと思います(実際に研究者の中では色々意見が分かれている様ですが)。ダークLの発音には色々な考え方がありますが、基本的にライトLとダークLは全く違う発音の仕方をします。

ダークLは「OH」を喉奥から発音する

ライトLでは舌を歯茎に付けて発音します。そして、この発音方法が一般的なLの発音だと思われています。しかし、ダークLでは舌を歯茎には付けません。Lの舌を歯茎に付ける動作を一旦捨て去りましょう。全く違う発音方法だと認識する事が第一歩です。

そして、単純に「OH」と発音するのが一番近い音になると思います。しかし、単純に「OH」と発音するのではなく、喉奥から「OH」と発音するのが正しい方法です。舌の奥を少し上げるようなイメージです(画像右側参照)。とても曖昧な発音となるので、注意が必要です。次の動画が一番良く説明してある動画だと思います。参考にしてみてください。

ダークLの例.
・Pull
・Bill
・Wool
・Feel
・Felt
・Child
・Mail
・people

ライトLとダークLが混じった英単語集

ライトLとダークLをマスターするために二つの発音が混ざった単語の発音練習をすると良いです。

ライトLとダークLが混ざった単語例.
Lull
・Illegal
Little
Loyal
Level

まとめ

いかがでしたでしょうか?ライトLとダークLは発音そのものが違うという事がわかったでしょうか?何回も何回も練習する事で必ずマスターできるので、あきらめずにがんばりましょう。

ダークLをライトL発音?
ちなみにダークLをライトLで発音する国(特に第二言語で使っている国々)も多く見られます。英語が堪能な国のフィリピンなどでもダークLをライトLで発音している方も多く、国によってはダークLもしっかりとライトLで発音しないと通じないなんて事もあったりします。その人の使い方などを観察しながら使い分ける場合が出てくるかもしれません。

 

 関連コンテンツはこちら

2件のフィードバック

  1. mikkosagam より:

    ためになるサイトありがとうございます。気が付いたことコメントします。
    上記から抜粋部分を正しいと思うように書き換えました。「喉奥から「OH」と発音するのが正しい方法です。舌の奥を少し上げるようなイメージです(画像左側参照)。」⇒「uhl.と発音するのが正しい方法です。舌を奥に引いて舌の奥を少し下げるようなイメージです(画像右側参照)。」

  2. jenny より:

    mikkosagamさま
    ご指摘いただきまして、ありがとうございます!なかなか日本で表現するのは難しいですが、mikkosagamさまがおっしゃている通りだと思います。是非修正させて頂ければと存じます。
    ジェニー&ニキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です