日本の社会にはもうウンザリ?!世界と日本の働き方の違いを紹介します。

日々お仕事頑張っている方、お疲れ様です。唐突ですが、先日ニュースで「死ぬくらいなら会社辞めればが出来ない理由(ワケ)」が話題となりました。まさに、日本人の働き方に対する考え方を象徴している本だと考えさせられました。

あらためて、日本の社会は世界と比べるとずれていると社会人生活を持って痛感します。仕事のために生きているのか、生きるために仕事をしているのかわからなくなっている方、多いのではないでしょうか?

そのように考えている方、一度海外へ行ってみてください。海外での働き方を見れば、おそらく不安に思っている事なんかどうでもよくなるはずです。そのぐらい海外では、仕事は人生に豊かにするものと捉えて、取り組んでいる人が多いです。

今回は、そんな海外での働き方について少し紹介していきます。

 日本での働き方は世界では異質だった?!

はじめに、日本での働き方が悪いとは思いません。ルール化された社内制度、上司への密な報連相、必要以上の報告資料(悪口入ってますね)。どれもクライアントの事を考えると重要な事ではあります。

しかしながら、これらはかなりストレスフルな部分でもありはずです。日本人として生まれて、日本企業で働いていれば、ごく普通だと思っている方が大半だと思いますが、世界的に見てみると、とても異質な部分に入るのです。

日本のサラリーマンとアメリカのサラリーマンを比較している動画が的を得ている

日本とアメリカの働き方を比較している動画をご紹介します。

この動画の方、とてもいい演出をしていらっしゃいますね。この動画はあくまでもパロディー要素を含んでいますが、まさに、世界と日本の働き方の違いの的を得ています。

日本人は真面目で緻密な方が多いです(糞真面目なんてCMがあるくらいですし・・・)。忍耐や礼儀を美徳とする日本の文化は素晴らしいものでありますが、結果自殺大国を作り上げた原因でもあります。

どちらがいいかは一長一短ではありますが、豊かな人生を送れそうなのがどちらかは明白ではないでしょうか?

 

 

日本の働き方とは”ここ”が違う海外での働き方

日本の働き方と世界での働き方の具体的な違いを紹介していきます。

平社員は従うだけの社畜じゃない!

[海外]従業員「御社に入社したら私はどのようなスキルアップが望めますか?」

私の以前の会社で中国の現地従業員を雇うために面接した際に言われた言葉です。

基本的に雇われる側の方が同等もしくはそれ以上の権利があるというのが海外の考え方です。日本では平社員等の弱者が過労死・鬱病などに合う事が多々ですが、海外では役職が高い人がなる傾向があります。

また、その中でも彼らは残業等がしたくて、自ら望んだ結果であるケースが多いです。このように働かさせるという考え方を持っている人が海外には少ないです。

部下が上司の評価を行う

海外では部下が上司の評価をすることが珍しくないです。上司は部下の評価が良くないと昇進等ができないのです。そのため、部下を気遣う習慣は海外の方が強いと考えられます。

定時には帰宅。家族が最優先

海外では家族が第一という考え方が日本よりも強いです。デットライン(期日や納期)なんて家族のためなら平気で伸ばしてきます。

以前アメリカで働いていた時は、定時きっかりに門でのタイムカードを切るために4時半から駐車場の渋滞が毎日起こっている程でした。

 世界中で共通言語となりつつある「KAROSHI」

http://pinetribe.com/wp-content/uploads/2014/07/KAROSHI-687x359_ad2ffc106cd120c6802b9c111680e4e0.jpg

海外では、生きるために仕事をするのであり、仕事のために生きるという考え方が日本に比べ強いです。仕事のために死ぬなんて事がありえるのかというのが海外での一般的な考え方です。

これは海外では転職がかなり一般的である事も起因しているかもしれません。嫌な仕事なら辞めて次に行くという考え方が日本のアルバイト感覚に近いかもしれません(職を変えるという言う意味で)。

海外で仕事をするという選択肢

「海外で働くのは難しい・・・。」「一部のエリートだけの話」だと思っていませんか?そんな事はありません。最近は日本からではエージェントを通して比較的簡単に海外での仕事を探す事ができるようになっています。

その気になれば海外で働く事は夢じゃなく現実的な選択肢になります。また、日本にながら外資系の会社に勤めるという選択肢もあります。

海外求人を掲載しているエージェントサイト

 

 まとめ

海外では仕事より私生活を優先できる環境があります。もし仕事が辛いと考えている方は一度海外へ目を向けてみてはいかがでしょう?きっと選択肢が広がります。

海外での就職の閾値も下がってきているので、実行力さえあれば達成する事ができますよ。

 関連コンテンツはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です