【DIY】車のバックカメラ(リアカメラ)いつでも起動させる方法をご紹介します。

みなさん、こんにちは!

車の後方がミラーを使ってもよく見えない。そんな経験はございませんか?

実は車の後ろに付いているバックカメラ(リアカメラ)を常時起動するようにすれば、広範囲で後方部分を確認することができるのです。しかも、数百円という安さで簡単に設定することができます。

今回はそんな、バックカメラ(リアカメラ)をバックする時以外にも起動させる方法をご紹介します。私たちの愛車ホンダのcrzをちょっくら弄っていきます!

※事故・故障等の責任は一切負いません。ご理解の上ご覧ください。

こんな時に便利?!

最近は後方が見にくい車が多くなっています(特にエコカーの後方ガラスにピラーがついているタイプ、クーペ、セダン等)。カメラを使えばミラーよりも広角に見る事ができるため、死角が狭くなり、事故を事前に防ぐ事ができます!

事故を事前に防ぐための方法を紹介している記事もどうぞ。
【交通事故を防ぐ方法】予期せぬ交通事故を未然に防ぐために私が行っている事

いつでもバックカメラ化(リアカメラ)を実装するにあたって必要な物、便利な物

必要な物

・スイッチ

・穴をあける道具(錐、ドリル等)

・電線(0.5sq程度あれば十分)

・半田ごて+半田

あると便利な物

・テーパリーマ(穴を広げる工具です。あると便利)

・配線コネクタ

バックカメラのいつでも起動化手順

<すごくざっくりとした配線図>

こちらは、すごくざっくりとした配線図です。基本的には、ギアがリターンギア(バックギア)に入るとリアカメラに電気が流れ、起動するという仕組みになっている場合がほとんどです。

そのため、ACC電源からスイッチをかました電線を引っ張てきて、リアカメラの電源に繋げてあげることで、何時でもバックカメラ(リアカメラ)を起動することができるようになります。

緑:今回追加する配線とスイッチ部です。

f:id:nickey13:20170313233833p:plain

スイッチの購入

まずは、スイッチを購入します。今回はエーモンのトグルスイッチを購入しました。

この時に少し注意したいのが、スイッチの許容アンペアは確認しておいてください。許容アンペアを超えてしまうとケーブルが焼き焦げてしまい、断線してしまいます。

1A以下の物はリレーを噛ました方がおそらくいいです(バックカメラ(リアカメラ)の消費電力を要確認が必要です。)。

半田ゴテを使ってスイッチと電線を溶接

次にスイッチと電線を半田ゴテで溶接します。

ちなみに、このエーモンのスイッチはLEDランプ付きなのでGnd線あり。そのため、三か所半田付けします。ちなみに半田はダイソーで購入した500円の物です。十分問題なく使用できます。

f:id:nickey13:20170216234720p:plain

増設用のスイッチボックスに穴を開ける

次に、増設用のスイッチボックスに穴を開けていきます。

ドリルか、錐で穴を開けてテーパリーマ等で穴を広げて行くとサイズを合わせやすいです。

f:id:nickey13:20170216234756p:plain

穴を空けた増設用のボックスにスイッチを装着

次に、穴を開けた増設用のボックスにスイッチを装着します。今回のボックスを表と裏を金具で閉めるタイプのものです。というかほとんどこのタイプのスイッチがほとんどです。

f:id:nickey13:20170216234846p:plain

f:id:nickey13:20170216234910p:plain

リアカメラ起動のトリガとなるバックランプスイッチ部にACC電源とバックランプ信号に噛ませる

最後に、リアカメラの起動トリガとなるバックランプスイッチ部にACC電源(フューズから)をバックランプ信号に噛ませます。

CRZの場合は、純正ナビ裏側6ピンコネクタの若葉色のケーブルがバックランプ信号線です(わからない場合はディーラーなどで聞いてみるとことをお勧めします)。

半田付けするのは面倒だったので、配線コネクターを使用しました。かなり狭い場所や作業がし難い場所では、とても便利です。

また念のため、電流逆流防止にダイオードをスイッチと信号間に入れた方がいいかもしれないです。

f:id:nickey13:20170216235114p:plain

動作確認

最後に動作確認を行います。しっかりと切り替わっているかを確認してください。

スイッチがOFFの際は何も起こりませんが、スイッチをONにすると、スイッチのLEDが光ってカーナビが強制的にバックカメラ(リアカメラ)に切り替わるのを確認します。

スイッチOFF時

f:id:nickey13:20170216234927p:plain

スイッチON時

f:id:nickey13:20170216234957p:plain

ギアをバックに入れていなくても、カーナビにバックカメラ(リアカメラ)が映るようになります。

走行中でも後方をリアカメラで確認できるようになりました。これで、後方確認が難しい車でも確認がし易くなります。

f:id:nickey13:20170216235012p:plain

まとめ

いかがだったでしょうか?以上、バックカメラ(リアカメラ)のいつでの起動させる方法でした。課題はCRZの仕様で、バックカメラ(リアカメラ)に切り替えるとナビのGPSがOFFになってしまうため、長い時間使うと自車の現在地を探すのに時間が掛かる事です。

素直にモニタをもう一台用意して、カメラの出力を分岐させた方がいいような気もしました。ただ、比較的簡単で安価に実装できるので、後方確認などしっかり行いたい人にはオススメです。

質問等あればぜひコメントください。

 関連コンテンツはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です